2015年6月25日星期四

ブランド靴報:和歌山電鉄の三毛猫駅長「たま駅長」逝く

ブランド靴報:和歌山電鉄の三毛猫駅長「たま駅長」逝く

猫の駅長「たま」バーバリー通販

和歌山電鉄は24日、猫の駅長として人気を集め、動物駅長ブームの火付け役となった、和歌山電鉄社長代理で貴志駅(和歌山県紀の川市)の駅長、三毛猫の「たま」が22日午後7時10分、急性心不全のため同県岩出市内の動物病院で死んだことが24日、分かった。16歳で、人間なら約80歳に相当する。

クリスチャンルブタン通販

たまは1999年4月29日、貴志駅近くの倉庫の作業員詰め所で飼われていた猫が出産した雌。2007年1月に南海電鉄からのエルメス通販経営移管に伴い、暮らしていた小屋が立ち退きとなったため、小嶋社長の発案で駅長に任命された。主業務は「客招き」。終身雇用で、報酬は年俸としてのキャットフード1年分とされていた。

ブランド靴コピーお正真正銘のブランドコピー靴N品をご販売,2015春夏のN級靴ブランドコピー通販人気特集!

2006年に和歌山電鉄に移管される際、線路や駅舎の用地を南海電鉄から買い取った地元自治体から小屋の撤去を求められ、飼い主が「猫が駅に住めるようにしてほしい」と和歌山電鉄の小嶋光信社長に直訴。「ふてぶてしいようで、どこか愛敬のブランド靴コピーある風貌(ふうぼう)」が見初められ07年1月、貴志駅の駅長に就任。一気に全国区となり、たま駅長をモデルにした駅舎や電車ができるなど、ローカル線を元気づけてきた。14年1たまは同駅のブランド靴売店である小山商店(こやましょうてん[2])の飼い猫である。同居する雌猫のちび(2000年5月12日 - )と、たまの母親であるミーコ(1998年10月3日 - 2009年7月20日)[3]も助役に就任した。このうちミーコは他界した後の7月26日に「永久助役」とされた。月に「ウルトラ駅長」となり、全駅の駅長になった。 乗客数の増加?観光へのアピールへのブランド靴2015人気新作☆ブランド靴通販なブランド靴激安新作売れ筋ブランド靴新作大人気再登场!功績から、同社からは「スーパー駅長」(後に「ウルトラ駅長」に昇進)?「和歌山電鐵社長代理」の肩書きを、和歌山県からは「和歌山県勲功爵(わかやま で ナイト)」「和歌山県観光招き大明神」などの称号を与えられている。

Rss Feed:

标签: , ,

0 条评论:

发表评论

订阅 帖子评论 [Atom]

<< 主页