2014年11月16日星期日

日本国内のバター乏しかったケーキや「ブランド品」

日の外信が14日報じたところによると、日本の今年のクリスマスケーキぐらいになるかも知れないということだ。バターのために不足しているうえ、クリスマスを控えて、日本国内のお菓子業界は「知的だった。日本の農林水産省は、今年5月の臨時作成した緊急輸入7000万トンのバター対策を打ち出したが、バターが不足する状況を改善するため化できないことはおろか、スーパーマーケットもしなぶそく作成したあたりの措置を取った。ブランド靴バターはケーキを作って不可欠の原材料の可能性については、専門家らは、これからバターの価格がますます高まっている。 これと関連し、日本の畜産業関連者は、「これまでは牛乳消費量の減少で、農林水産省は2006 ~ 2007年に制定された乳牛を削減を進めていたが、乳牛削减の取りすぎに、2008年の台頭しバターが不足し、状况に応じて、今后も効果的な対策を立てなかったため、スニーカー通販日本国内でも毎年減りつつあるバターの生産量だ」と話した。 农林水产省2010年2月に発表した「2019年に世界の糧穀需給展望」によると、主要食料品种の国際価格変動の中で、予測バターの価格が急騰し、2019年の価格は07年37 %に達した。 日本の消費者問題研究所のある関係者は、「牛乳に比べ、バター、チーズなど乳制加工品の需要予測が相対的tppより困难に加え、合意の見通しが不透明で、さらに抑制した加工食品の生産量のことで、今後バターなど乳制品の部品供給が短時間に上昇し、販売価格も引き続き数年が高腾しているのだ」と述べた。 一方、日本のお菓子業界氏関連者も、ブランド靴コピー「少なくない点心店マーガリンを采用しているが、代わりにバターをして作ったケーキ味が大きな落差に関系なく、バター価格にどんなに高くても、ケーキの販売価格が横ばいだったが、クリスマス商戦が迫っているかもしれないです,販売業者が少なくないが値上がりしているだろう」と話した。 日本の今後のケーキになるかも知れないという一種の「ぜいたく品」だ。

0 条评论:

发表评论

订阅 帖子评论 [Atom]

<< 主页