2015年8月27日星期四

TV/Movie Costumes低視聴率でも満足度1位「合唱ドラマ」人気の理由

TV/Movie Costumes低視聴率でも満足度1位「合唱ドラマ」人気の理由

この夏のエンタメは、なぜか「合唱」がアツい。合唱部の青春を描くTBS系ドラマ「表参道高校合唱部!」(金曜午後10時)のほか、舞台でも「合唱」をキーワードにした話題作2本が上演された。来月は名門少年合唱団を舞台にした米ブランド靴コピー映画も公開される。合唱ブームについて、ドラマ関係者は、生の声のやりとりという「アナログの力」を指摘する。

ブランド靴新作|ブランド服

取材した舞台も合わせると、この夏はかなりの合唱エンタメ漬けになっていた。ポップスのヒット曲を合唱にアレンジする「表参道高校合唱部!」のキラキラした青春にすっかりハマっているほか、聖歌隊を舞台にしたブロードウェーミュージカル東京公演「天使にラブソングを」では、劇場全体に突き刺さるようなド迫力のゴスペルに圧倒された。今月9日には、劇団四季が合唱ミュージカルのヴェルサーチ通販名作「サウンド・オブ・ミュージック」の再演をスタートさせたばかり。映画で何度も見たおなじみの作品で、名曲ぞろいの楽しさと、7人の子供たちが声を合わせて戦時下の危機を乗り越えるトラップファミリー合唱団の心踊るストーリーは、何度見ても格別だ。

クリスチャンルブタン通販

合唱ブームについて「表参道高校合唱部!」の高成麻畝子プロデューサーは「声を和するとか、仲間を信じるとか、今の時代に足りないものが合唱にはある」とし「メールやSNS、アプリを通したコミュニケーションがちょっと息苦しくなってきた時代に、生のエルメス通販声のやりとりというアナログコミュニケーションの力を再認識したいタイミングなのかも」と話す。
スター歌手が圧倒的なパフォーマンスを見せてくれる音楽もいいけれど、普通の人たちが声と個性を持ち寄ってカラフルなエネルギーを生む合唱には独特なダイナミズムがある。ポップス、聖歌隊、合唱ファミリーと、パターンの違う合唱を一気に聞いて、それぞれの楽しさを実感した。
高成氏は「撮影してみて、合唱の持つパワーに私自身も驚きました。歌で心情を語るミュージカルがもともと好きなのですが、合唱はもっと独特。1人1人のAnime Cosplay online store!The cheappest Anime Cosplay hot sales,2015 The latest release of the anime cosplay!声は弱くても、一定以上の人数になると大きな力を持ち、直感的に受け手の心をわしづかみにする」。

「表参道-」の場合、学園もの、友情などをテーマに企画を立ち上げたところ、自然に合唱にたどりついたという。まぼろしのルイヴィトンメンズ長袖Tシャツ楽譜を探して上京した合唱大好き女子高生が、廃部寸前の合唱部で部員集め。さまざまな壁や人間関係にぶち当たりながらも「この人はどんな声で歌うんだろう」「一緒に歌えばその人が分かる」というシンプルな好奇心で人にかかわっていく。主役に抜てきされた芳根京子のはつらつとした魅力に加え、JUDY AND MARY「Over Drive」、ブルーハーツ「TRAIN-TRAIN」、フィンガー5「学園天国」などのヒット曲も、合唱にアレンジされると新鮮な味わいだ。
ブランド靴コピー,ブランド靴コピー通販 2015-08-26 最新入荷のhttp://www.lvreig.com/newarrival_2015-08-26.html
実際、歌声は視聴者の心をつかんでいる。視聴率は5%前後で推移しているものの、視聴者満足度の高さは夏ドラマの中でも群を抜く。「内容」「俳優」など4項目で視聴者満足度を数値化しているオリコンドラマバリュー調査によると、初回放送後の満足度は「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ)に続くプライム帯(午後7時~同11時)2位。ヤフーテレビ「みんなの感想」に寄せられる視聴者評価は8月18日現在でプライム帯トップ。5点満点中4.42点という圧倒的な強さを見せている。

ブランド靴コピーお正真正銘のブランドコピー靴N品をご販売,2015春夏のトップレベル靴ブランドコピー通販人気特集!

芳根演じるヒロインも、「天使にラブソングを」のデロリスも、「サウンド・オブ・ミュージック」のマリアも、よそから来た歌好きヒロインが集団をぐいぐい引っ張る合唱もの定番スタイル。個々が歌で殻を破っていく過程と、合唱レベルの上達がリンクしていて、成長が分かりやすく、大団円感がある。高成氏は「歌自体が楽しいものだし、ハーモニーのストリート服音色は人間関係そのもの。撮影現場でも、休憩時間に誰かが歌うとほかの人がスッと入ってきたりして、人間同士が面と向かうシンプルなコミュニケーションに懐かしさを感じます」。
合唱は秋も続く。来月は、ダスティン・ホフマンが名門少年合唱団の指導者役を演じる米映画「ボーイ・ソプラノ」も公開される。こちらは、問題児が合唱で成長していく物語。ワーグナー、ヘンデルなどの合唱曲が鳥肌ものとして話題だ。ポップス、聖歌隊、ファミリー合唱団ときて、今度は少年合唱団。ここまで来たら、当然見てみるつもりである。
Rss Feed:
http://www.shoemeno.top/rss.xml
http://www.gvccny.net/rss.xml
http://www.gigijay.com/rss.xml
http://www.lvreig.com/rss.xml

标签: , , , ,

0 条评论:

发表评论

订阅 帖子评论 [Atom]

<< 主页