2014年11月26日星期三

日本の障害者の生存者が状況を憂慮されると指摘して虐待を3000人

最近、日本の厚生労働省の発表した調査結果によると、日本の障害者の生存状態に低迷している。家族や、福祉施設を受けて職員など者虐待の障害を超す2200人だった。ファッションブランド通販また、職場を虐待した障害者も被害に達してから400人だった。 産経新聞によると、最近、日本の厚生労働省の調査の結果、14年までに3月末、1年間、家族や福祉施設の職員など、あらゆる虐待を受けた障害者の合计はからチョンラナムド= 2266人だった。自2012年10月、日本の実施した障害者虐待防止法以来、厚生労働省は2013年に展開している法律施行後半の実態調査を実施した。今回は、厚生労働省が初めて统计して,通期のデータを示した。ブランド靴コピー調査結果によると、約8割の障害者が家族を受けて暴行を加えられた。しかし、福祉施設で深入り難い恐れがあり、すべて把握ができない场合があります。死亡事例が3件に過ぎなかった。 日本の厚生労働省は、7月に発表した資料によると、职场で虐待を受けた障害者は393人だった。通算障害者の被害者は2659人だった。 今回の捜査内容を見ると、両親と兄弟など「看病者」の虐待事件を1764件で、被害者たちを1811人だった。福祉施設の職員などを受けて虐待事件は263件で、被害者たちを455人だった。虐待の業種別では、通りが暴行など身体の虐待事件を1264件で、最多である。心理的虐待を受けてば倒などの事件を678件だった。障害年金を奪取されなど経済的虐待事件を467件だった。スニーカー通販日常的な不利益を与えるお世话になっていた「コードを放っておく」の事件を345件だった。 死の判決は3件に過ぎなかった。福祉施設の虐待を受けた事例の中で、千叶県袖浦市施設原職員蹴りで一人の少年が腹部を死亡させた。今年3月、この人の元社員が、傷害致死容疑で逮捕された。

0 条评论:

发表评论

订阅 帖子评论 [Atom]

<< 主页