2015年1月29日星期四

日本の実態調査を行った後、女性職員が多くの職場での問題が多い?


日放26日付で、数年前から、「情報化社会の発展しつつ、职场环境」も登場した急速な変化であることを考えると、偽物ブランドバッグ通販相対的にも多くの様々な人間関係や仕事の価値などに問題があるが、その中に職権いたずらや不手当てなど労働問題が最も深刻だったとしたら、どのような职场环境が一番簡単に問題はないのか。ファッション靴これで日本の法規情報株式会社は数百人の職場での男女を対象に調査に着手した。 まずに関しては「現在所在の职场に問題があるのか?」の調査、調査結果によると、「そうだ」という比が79 %に比べて、「否」の割合は21 %増となった。ブランドコピー靴この存在、具体的な事案だ」と答えた比率が最も高いところは「誹謗、デマ」を達成した32 %で最も多かった。続いて、それぞれ「デスク」(12 %)が、コスプレ衣裝人気「無視」(11 %)や「疏外」(10 %)、の「いじめ」(8 %)や「セクハラ」(4 %)や「同僚のデマが公開ネットワーク」(1 %)だった。 さらには「問題が多いな職場でどんな倾向が存在していた?」の調査の結果、回答率が最も高いところは「女性職員の多い職場問題が多く、ブランド靴通販達は41 %であり、次いで「40代から50代の職員の多い職場問題が多く、達24 %をあげており、靴ブランド続いて「ゆとり世代(とは、日本の87年以降に生まれた世代)の職員たちが多くの職場での問題が多い」(12 %)や「だと思わないの問題点は何性向」(11 %)や「30代=職員の多い職場問題が多い」(9 %)や「転職者の多い職場で問題が多い」(4 %)などの順だった。

0 条评论:

发表评论

订阅 帖子评论 [Atom]

<< 主页