2015年1月20日星期二

日本の百貨店の実績を3年に及んでいる外国人観光客の成主力消費軍だった

日本の百貨店の免税商品サービスコーナーを新設した 日の外信が20日報じたところによると、日本デパート协会は19日に発表した最新のデータによると、2014年には日本全国のデパートの売り上げは前年同期比で0 . 3 %に急増した厭いが3年連続で増加傾向を示している。ブランド通販 日本政府は2014年4月から施行することにし、消费税増税措置にもかかわらず、消費税の増田税引き前の消費需要のきわめて旺盛だ。しかし増田税引き後の営業実績も景気が、一方、2014年の訪日外国人は前年より1 . 9倍に活用し、外国人観光客の販売の免税商品の売上高を大幅に引き上げ、极めて大きくを促进した日本の全国デパートの売上高の期待を膨らませている。 品目別で、どおり「雑貨」の売り上げ増加幅が4 . 5 %だ。ブランド靴昨年10月、外国人向けの新設や増設の化粧品など、免税商品の売上高が大幅に上昇したことで、富裕層を中心に、美術、宝石、貴金属などの商品の消費に貢献した牽引車だった。 「服」の売上高は前年同期比で1 . 1 %減少し、特に女性服、洋装幅が1 . 8 %だった。これと関連して、同協会の関係者は、偽物ブランドバッグ通販「服類の消費は両極化で女性がデパートの購買の傾向が減った」と明らかにした。 地域別に分け、東京、大阪、名古屋など10大主要都市は前年同期比で1 . 5 %の増加、その他の地域は2 . 1 %減少し、からも分かるように、地方都市の回复が鈍化している。 月によって別では4月の実施消费税増税措置に刺激を受け、3月中の消費者需要が極めて旺盛で、売上高は前年同期比で25 . 4 %が増加したため、それに対して、「4月の実施の売上高は前年同期比で減る増上寺税引き後の12 %に続いて9ヵ月連続減だったが、幅が狭くなっている傾向が、12月は前年同期比で1 . 7 %減少と短縮された。 一方、増田税引き後の免税商品の売上高に比較的堅調で、昨年12月に連続23ヵ月間が増えており、このうち12月は前年同期比で2 . 8倍、スニーカー通販127億円(約人民元6億7000万ウォン)であり、月間史上初めて年間100億円。2015年の展望について、同協会の関係者は、「期待でも多くの訪日外国人観光客ブティック地方都市の消費に加え、消费税が再び増税期間延期、スピードアップに売上高が4年連続増」だった。

0 条评论:

发表评论

订阅 帖子评论 [Atom]

<< 主页