2015年1月27日星期二

日本の新聞記者の高所得、貧富の差が広がりつつある

ねえ、日本のジャーナリスト、ブランド靴彼らの仕事の内容と業務をすることができる「ゴッドハンド務」と表現する、 そのための彼らの所得もと正比例を大きく上回るのは普通のサラリーマンです。某産経新聞の若い記者は、「朝日新聞と読売新聞、日本経済新聞の賃金大まかに追いついて、毎日新聞と産経新聞が半分ほど、共同通信は8 ~ 9割水準だ」と話した。 日本の新聞記者の年を受け取ったのか、偽物ブランドバッグ通販年齢によって违い、が高所得圏の朝日新聞は、25 ~ 30代の記者の収入が大体が1000万人を超える(約人民元60万)円で、30代は1200万円(人民元72万)、40年代では約1300万~ 1400万円(78万~ 84万人)の順となった。スニーカー通販最近景気が悪いので、朝日記者の賃金よりやや減少したものの、民間の所得との高さもできるようにする計画だ工薪层望洋嘆かわしい。 金銭的な高待遇以外に、ブランド通販 日本の新聞記者が享受できるようにした「特権」以外にも、たとえばとしては過去最大の特権の「当地大使館」だった。某新聞社の政治部記者は、「縁組をつくっている参加させて数時間で、運転手を終えた後、専用車を先に送るようにして、これらはすべてとてもありふれた。運転手らに秘密遵守を見れるため、専用列車で游(あそ)びにも会社が知っている。」 同記者は、「会ったことがない。ブランド靴コピー毎朝専用列車で子供を幼稚园にまた来出勤でした。甚だしきに至っては结婚式の専用列車で送迎車に乗っては本来、お嫁さんです。記者たちはいつでも飛んでくるに装着された、皮肉なことが新聞社の呼び出しもよく遅刻しなかったりしている」と話した。 日本の民間の社会的格差がは広がるばかりだが、日本の記者たちの間の「貧富の差」も少なからぬですね!

0 条评论:

发表评论

订阅 帖子评论 [Atom]

<< 主页